【南昌飯店】四谷三丁目の庶民的な中華ランチ『五目あんかけ丼』

南昌飯店 五目あんかけ丼
Pocket

いつも気さくなおばちゃんがいるお店

四谷三丁目駅の1番出口から新宿通りを新宿御苑方面に歩きます。スーパー丸正を過ぎ、ハンバーグで有名な「梵(BONE)」さんを過ぎると、1軒の強烈な中華料理屋さんがそこに。ここが今回ご紹介する「南昌飯店(なんしょうはんてん)」さんです。赤い看板と独特の書体で書かれたメニュー、迷うことはないかと思うくらいの強烈なインパクトがあります。店先にはたいがい気さくなおばちゃんが立っており、声を掛けてお客と交流しています。それもあってか、定期的に訪れてしまうんですよね。


 

中華ランチのお得なメニュー

「南昌飯店(なんしょうはんてん)」さんのランチでおすすめは日替りのお得なメニュー。ボードに4種類のその日お得なランチメニューが載っています。中華の定食、麺類+半チャーハン、中華の丼物と日替りお得メニューのバランスも良く、その日の気分によって選択肢があるのも嬉しいです。ちなみに「南昌飯店(なんしょうはんてん)」さんは意外とボリュームが多く、大盛りにしなくても他店でいう大盛り並みに量があるので、大盛りにする際は気をつけてくださいね。


 

庶民的なザ・中華の味

この日はお得なランチメニューの「五目あんかけ丼」を注文。お皿は大きく、ご飯のボリュームも満点です。中華あんは具材たっぷりで、見た目よりも味が濃くなく、庶民的な中華料理屋の味付け。庶民にとっては、着飾ることのないこういう味付けが実は一番落ち着くんですよね。中華スープとミニサラダ、杏仁豆腐が付いて、700円。コストパフォーマンス的には四谷三丁目の中華料理屋の中でもトップクラスではないでしょうか。お店は明け方までやっているので、ランチだけでなく夜も使えるのが嬉しいですね。


 

食べたメニュー

南昌飯店 五目あんかけ丼

五目あんかけ丼:700円


 

アクセス

食べログ:『南昌飯店』

住所:東京都新宿区四谷3-13 大高ビル1F




Pocket